デミオ  ディーゼル購入までの道のり 評価・レビュー ホームページ

パパの探検記  その32デミオ購入までの道のり
購入レビュー・評価:マツダ デミオ ディーゼル XD Touring  4WD 

 

マツダ デミオ ディゼール(XD Touring 4WD)の購入レビューです。
購入したお気に入りデミオを写真付きでレビューします。パパ デミオ
デミオ購入に至るまでの検討内容や値引きについても紹介します。

デミオはコンパクトカーで、ダントツの性能とコスパを実現しています。
マツダのデミオは日本カーオブザイヤー受賞カーしましたね。
おすすめできますので、私の個人的な感想ですがレビューします。デミオを購入して妻も私も大満足です。

  
 【購入までの道のり、レビュー・感想・評価、価格】
 MAZDA DEMIO : デミオ ディーゼル XD Touring 4WD(AWD)

    デミオ 全体 ディーゼル    新型デミオ ディーゼルXD2  

   写真:ついに納車された マツダ デミオディーゼル XD(ダイナミックブルーマイカ)  
   通称:青デミオです。
※オプションでフロントグリルガーニッシュをボディ色の青にして一体感を重視しています。
   ディーゼルの標準は赤ラインですね。
工場での塗装ではなく、フロントグリルガーニッシュの部品を
   交換するだけなので、外した赤ラインの部品ももらいました。

  

 デミオ   ディーゼルの購入に至った経緯 (評価・感想・レビュー) DEMIO

    
(希望内容は)
妻の車:マツダ・ベリーサの車検が近くなり買い換えを検討することにしました。

妻の希望としてはベリーサと同じくらいのサイズで、もう少しパワーがほしいのと滑らない4WDシステムの車がほしいとのことでした。
妻はベリーサの前はレガシィB4乗りです。ベリーサのe4WDは、発進時にのみ4WDとなりアシストするだけの「なんちゃって4WD」なので、岩手の雪道では力不足でした。スバルの4WD(AWD)は定評があり、レガシィB4は雪道でも安心だったとのことでした。
コンパクトカーでは、発進アシストのみのe4WD(なんちゃって4WD)がほとんどですね。
ちゃんとした4WD搭載となると、アクセラ、インプレッサのサイズになってしまいます。
 

コンパクトカーの中で唯一、新型デミオはフルタイム4WD「新世代4WD システムi-ACTIV AWD」の搭載で、ちゃんとした4WDシステムです。

大人気のマツダSUV「CX-5」と同じ4WDシステムをコンパクトカーのデミオにまで搭載するマツダには、デミオへの本気がわかります。安心できる4WDとベリーサ(1.5L )以上のパワーの車ということで、スバルのインプレッサとマツダのデミオのほぼ一騎打ちで検討しました。

ちなみに、私の車マツダMPVも4WD ですが、本物4WD「電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステム」なので、雪道でも安心して運転することができます。マツダのフルタイム4WDはスバルと同様に秀逸です。デミオやCX-5は、私のMPVより新システムの4WD(AWD)です。
 

    新型デミオディーゼル XD4               demio XD ホイール
   新型デミオ ディーゼルXD touring    デミオXD touring 16インチタイヤ・ホイール

  
 
〈ライバル車との比較〉
   デミオ vs CX-3
、インプレッサ、アクセラ、アクア、フィット
   

   購入検討車:
   デミオディーゼル、CX-3、インプレッサ、アクセラ、アクア、フィット

 

【選択ポイント】

 選択ポイント① : ガソリンエンジン1.5L以上のパワーと秀逸4WD(AWD)

                  アクアとフィットはパワーがイマイチ。
                                     試乗してみて、デミオのディーゼルエンジンのパワーを実感しました。

                            したがって、「デミオディーゼル、CX-3、インプレッサ、アクセラ」で検討

 

 選択ポイント② : 購入金額

                アクセラ1.5Lの価格でインプレッサ2Lが購入できそう。
                                    したがって、アクセラよりは「インプレッサ」で検討。

                車内空間がデミオとほとんど変わらないのにCX-3が50万以上高い。

                後席の広いベリーサの後継はCX-3のはずですが、後席の広さがデミオと変わら
                                    ないことにがっかりでした。 
よってCX-3よりは「デミオ」で検討。

 

  したがって

 「マツダ:デミオ ディーゼル」vs「スバル:インプレッサ スポーツ」の
    一騎打ちで検討しました。


 

(デミオ ディーゼルの魅力)

・コンパクトカーなので運転しやすい。(インプレッサはデミオより大きいため妻にはマイナスポイント)

・1.5Lディーゼルエンジン搭載。ガソリンエンジン2.5L以上のトルクに相当。
   軽油なので、燃費もいいので経済的です。

 インプレッサの水平対向BOXERエンジン2Lよりデミオディーゼル1.5Lがより力強さを感じました。

・内装が別格にデミオが良いです
 デミオディーゼル(XD Touring)は、シートやフロントにレッドステッチが入り格調高い内装です。

 コンパクトカーでこのこだわりの内装は絶賛です。

   
          写真:デミオ ディーゼル XD Touring 内装

    デミオ助手席        デミオ 内装 後部座席

      内装のレッドスティッチと随所に施された革張り感が魅力です。

 

(インプレッサの魅力)

・室内空間(後席)がデミオより広い。

・社外品ナビが搭載できる。(自己責任ですが、走行中でもDVDやTVが見られる。)

 デミオのマツコネは走行中にDVD・TVが全くみられない。子供がグズってしまうためマイナスです。

・ダブルウイッシュボーンのしなやかなサスペンション(デミオはトーションビーム)

・信頼の水平対向エンジンと4WDシステム(AWD)(4WD 性能は、デミオとインプレッサは同等かな)

・けっこう値引きしてくれる。(マツダはスカイアクティブ搭載車から、値引きがシブイ)

・マイナーチェンジして外観がおとなしくなってしまった。これは残念ポイント。

  

  

(決断:妻の気持ちを重視)
 マツダ デミオ ディーゼル AWD XD Touringに決定

ベリーサの上質な内装を引き継ぐデミオXD Touringの格調高い内装とスバル車に負けないディーゼルエンジンのパワーが魅力的でした。
 

3回くらいデミオディーゼルを試乗して、やっぱりいい!とのことでした。
そして、妻は運転しやすい小さいサイズのコンパクトカーがやっぱり良いというのが決めてでした。
マツダMPV、ベリーサでお世話になっているマツダ営業担当さんの後押しもあって、デミオ ディーゼルXD Touringに妻と決定しました。
 

値引き金額は、
車体価格から5万円、フロアマット2.3万円分をサービス、7年落ちベリーサの下取り価格を当初25万円→30万円にしてもらいました。
 
以前のマツダに比べるとかなりシブイ値引き額ですが、スカイアクティブ搭載後の今のマツダ車はほとんど値引かないそうなので、これでも営業さんに無理を言って頑張って値引いて頂きました。(インプレッサ スポーツの見積り価格とかなり競合していたので・・・)


    デミオ ディーゼル XD 正面外観            デミオ ディーゼル

     デミオ ディーゼル AWD              SKYACTIV D
   
 

 マツダ デミオ ディーゼル : 購入内容(グレード・オプション)、値引き金額、価格

 MAZDA DEMIO : デミオ ディーゼル XD Touring 4WD(AWD)
 

【購入内容】

   車体:クリーンディーゼル デミオ XD Touring 4WD 
            SKYACTIV-D 1.5L 6AT (DJ)

 ボディカラー:ダイナミックブルーマイカ
 

 オプション:
          ・CD・DVDプレーヤー+地デジTVチューナー(フルセグ)

          ・Panasonicバックカメラ:34,852円

          ・ブルーワイドミラー:17,486円

          ・リモコンエンジンスターター:57,599円

          ・フロントグリルガーニッシュ(ボディ色):8,208円

            ディーゼル車の赤のフロントグリルライン(横バー)が好みではないので、
              オプションでボディ色のブルーにしました。

          ・フロアマット(ラグジュアリー):22,780円 

          ・ボディーコーティングMG「MG-1」:33,943円

           MG-5からMG-1にして費用を抑えました。1年目以降はメンテナンスのみなので。

          ・防さびアンダーコーティング: 32,400円
   
 オプションでフロントグリルをボディ色の青に    交換した赤ラインフロントグリル

   デミオ フロントグリル     デミオ ディーゼル フロントグリル 
           写真:オプションでフロントグリルラインをボディ色のブルーにしました。

                    ディーゼルの赤ライングリルより青ライングリルがボディに一体感が出ますね。

塗装というより部品交換での対応です。赤ラインは「この車、ディーゼルなので走ります!」的なので、ちょっと。とのことです。(妻より)ボディー色と同一色は、ガソリン車のLパケでの標準装備ですね。

※今のところナビは必要ないので、ナビ用SDカードを購入しませんでした。
   新型デミオのマツコネのナビはパイオニア子会社製品とのことです。  

   パイオニアと言えばカロッツエリアのナビですので、以前のマツコネよりは信頼できると思います。
 

【値引き金額】

 ・車体本体価格:-5万円

 ・オプション:フロアマット(ラグジュアリー)の22,780円分をサービス

  (工場ではなくディーラーで施工するものでないと値引きは難しいです。)

 ・ベリーサの下取り価格:7年落ちベリーサ下取り価格(マツダディーラー
  査定)を25万円→30万円にUP

      ガリバーなどで適正な買い取り価格を把握することで、下取り価格での値引き
  交渉が優位に行えると思います。

 

  

【総額(諸費用込み)】 
   MAZDA DEMIO

 ディーゼル デミオ XD Touring 4WD(AWD)
   SKYACTIV-D 1.5L 6AT 
(ダイナミックブルーマイカ)

  

 総額(諸費用込み):215万6215円
 
(7年落ちベリーサ下取り30万円も差し引いてます。)

  
    ついにデミオ ディーゼルを購入しました。
          デミオ 後ろ写真            demio1

          ディーゼル デミオ XD Touring 4WD(AWD) 
     
ダイナミックブルーマイカ(通称:青デミオ)


 amazonで購入    デミオ:マツコネにベストマッチ 「BUFFALO マイクロUSBメモリー」


マツダコネクト(通称マツコネ)には、USBが2基装備されています。音楽データ用にUSBメモリーを探し、この商品を購入しました。
通常のUSBメモリではでっぱりが出てしまうので、でっぱらないマイクロ(ミニ)USBメモリーを購入しました。

フロントのインテリアにもマッチし、買って大満足です。もちろん認識されていて正常に動作しています。

音楽データは、Windows Media オーディオ ファイル (.wma)で作成しています。Windows Media Playerで作成できるので簡単です。マツコネはWMA形式の音楽データを認識できていて再生できています。(マツコネはWMAの他に、AACやMP3でも認識できるようです。)

 
  

 購入した商品 BUFFALO USB3.0対応 マイクロUSBメモリー 16GB   RUF3-PS16G
               

     レッド(購入)            ブラック                 シルバー 
 
     
※16GBの他に32GB、8GBあります。このamazonリンクから購入できます。
 
 
〈装着写真〉
購入したマイクロUSBメモリー16GB(レッド)とデミオのマツコネUSBに装着 

  demio マツコネ USBメモリ       マツコネ USBメモリ 
     通常USBメモリよりコンパクトです。            赤いのがマイクロUSBメモリです。マッチしてます。


  マツコネ USB 認識
   購入したマイクロUSBメモリをマツコネが認識できました。         

  
 

 マツダ    新型デミオ(DJ系)をおすすめしたい人

 

私の妻が購入に至った新型デミオはスカイアクティブテクノロジーに加え、ディーゼルエンジン搭載です。しかも内装は上質です。ハイブリッドカーが実現する低燃費とは別次元で低燃費を実現しています。デミオは走りでもドライバーを魅了してくれます。
 
運転が苦手な妻にとっては、運転しやすさを最高レベルで実現してくれます。
妻や子供たち、家族みんなが笑顔になれるそんな車です。

 
コンパクトカーでデミオは唯一無二の存在になりそうですね。もしかして「コンパクトカー(Bセグメント)No1:デミオ」の称号もあるかもです。
フォルクスワーゲン(VW)がでディーゼルでの不正により信頼を失いましたので、Bセグメントクラスの世界的ベンチマークのゴルフ(GOLF)を超えBセグメントクラスの世界的ベンチマークとしてデミオが称されることになるかもしれませんね。ぜひ、比較対象として試乗してみることをおすすめします。

デミオ ディーゼルは、口コミなどでの評判も高いですね。
私なりの感想でデミオをおすすめしたいと思います。


   我が家の青デミオ
   青デミオ ディーゼル XD
    デミオ ディーゼル XD Touring 4WD(AWD)
 

【新型デミオをおすすめしたい人】

  1. 1.運転にあまり自信がない人
  2.    1.5Lディーゼルで、パワーがあり加速も十分、思い通りに運転ができます。
           ブレーキの性能も秀逸です。
           コンパクトカーなので、車体サイズが小さく取り回しが楽です。

    「扱いやすい車=デミオ」の式が成り立つと思います。

     運転に自信がない人(私の妻も)こそ、ぜひデミオをおすすめしたいです。

 

 

  1. 2.コンパクトカーでも走りに妥協せずドライブを楽しみたい人
  2.     ハイブリッドカーや軽自動車では、この感動を味わうことはできませんね。

        スカイアクティブ搭載かつ1.5Lディーゼル
        (2.5Lガソリンエンジン相当のトルク)で、

          今までにない感動の走りを味わうことができます。

 

3.低燃費なエコカーが良い人(快適な走りも犠牲にしたくない人)

   レギュラーガソリンよりリッター20円安い軽油で走るのがディーゼルデミオです。

   ハイブリッドカーのモサッとした走りとは違い、パワフルな走りをディーゼルエンジンは低燃費で
         実現してくれます。快適です。

 

4.軽自動車を考えている人

     軽自動車もコンパクトでお手頃ですが、ガソリン車デミオであれば軽自動車と同じくお手頃価格
         です。軽自動車よりデミオは堅く安全なイメージがあります。
         軽自動車よりパワーがありますので、ぜひ試乗して乗り比べて頂きたいです。
   購入価格でも競合すると思います。

         コンパクトサイズで安心できる4WDが良い方はデミオで決まりです。
 
 
 5.雪道でコンパクトカーが必要な人

   デミオはコンパクトカーなのに本当の4WD「新世代4WD システムi-ACTIV AWD」を搭載して
         います。雪道では、4WD搭載車だと何かと安心です。
         本当の4WD搭載車はアクセラ、インプレッサ以上のサイズになってしまうので、コンパクトカーで
         の4WDデミオは貴重な存在です。

       ディーゼルデミオだけではなく、ガソリンエンジンデミオにも本当の4WD
     (AWD)を搭載しています。


      マツダ営業担当の話では、
         「今、4WDが効いているなとわかるのがスバル」

         「今、4WDが効いているかわからないけど、ちゃんと効いているのがマツダ」
        とのことです。

        20個の多種多様なセンサーを20個搭載していて、路面変化をキャッチすると即座に4WDに切り替わ
        りトルク配分を調整しているとのことです。
        今年2016の冬は雪は少なかったものの一度も滑ったという感覚はありませんでした。
        さすが、マツダのAWD!
岩手在住なので、冬はアイスバーンのツルツル道路です。


      マツダ4WDが、スバルAWDと同等(それ以上?)であれば、

  コンパクトカー4WD(AWD)ならマツダのデミオで決まりですね。


        雪デミオ              DEMIO AWD(4WD)
      雪デミオ ディーゼル 冬 スタッドレスタイヤ        デミオ ディーゼル 4WD 
    スタッドレスタイヤ装着してます。        コンパクトカーで唯一フルタイム4WDです。

        コンパクトカーで4WD(AWD)ならデミオで決まりですね。

     

   

ガリバー中古車検索システム :  中古車検索、買い取り金額の調査    デミオの値引き交渉にも

     
〈 ガリバー:愛車無料査定はこちらから 〉
221616.com【ガリバー】愛車無料査定    
ご自分の車の下取り価格が適正か判断することができますので、ぜひ値引き交渉の参考にしてください。

ディーラーは下取り価格に値引き分をプラスして提案してきますので下取り価格での駆け引きが重要です。
    
〈 ガリバー:買取価格査定はこちら 〉    
【中古車のガリバー】スマホで愛車無料査定    

ガリバーの評価でさらに高額に買い取りしてくれればラッキーですね。
 
  


    
 〈 ガリバー:中古車検索はこちらから 〉
     221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム    
新車と中古車で購入を検討することで、値引き交渉が有利になることも・・・。
中古車で掘り出しものがあれば、ラッキーですね。
マツダでデミオを購入する際には、下取り価格の駆け引きが勝負です。

  

〈 ガリバー中古車検索結果:「マツダ デミオ」 〉
デミオ(マツダ)

高い買い物ですので、ぜひ納得できる価格で車を購入できるといいですね。


   rakuten情報                 楽天ショッピング            デミオ ディーゼル





〈楽天ショッピング〉




マツダ デミオ  長所  【MAZDA DEMIO XD Touring】 

  

・外観

マツダの圧倒的な存在感の「鼓動」デザイン。欧州車と見間違えるほどの存在感です。
鼓動デザインの中でもCX-3よりデミオの外観のほうがフロントグリルとフォグランプとのバランスが良く好印象です。CX-3はメギツネみたいでビミョーでした。

デミオは鷹とフクロウを足して2で割った(猛禽類)ようなエネルギー漲る外観が気に入りました

デミオの外観は、躍動感がありながらも落ちつきがあり、女性でも男性でも好まれるデザインですね。
ヘッドランプ内シグネーチャーLEDランプとフォグランプのコンビネーションがアクセントなり高級感を演出してくれます。

ボディカラーをダイナミックブルーマイカにしましたが、光きらめくブルーなので日中でも夜でも存在感があります。妻の希望は、日中も夜も目立ち衝突されにくいカラーが良いとのことでした。

      デミオ ディーゼル XD Touring 4WD
       デミオ ディーゼル エクステリア
         ダイナミックブルーマイカ(青デミオ)

  

・内装

内装の良さ(特にXD Touring)を妻が気に入りました。Bセグメント(コンパクトカー)クラスでは、ダントツの上質感です。デミオXDで良かったのですが、助手席フロントやブラックシートのセンターにアクセントとして赤が差し色で入る内装が素晴らしすぎてXD Touringにしました。 

他のコンパクトカーにはない洗練された高級感がデミオにはあります。XD Touringの内装はセンスがいいです。女性でも男性でも気に入ると思います。XDや13Sの内装は少し質素な感じです。
妻が言うのは、XD Touringの内装のほうがどこに何があるのかわかりやすいとのことでした。

XD Touringにすると16万2千円高くなりますが、16インチタイヤの他にフルオートエアコンやオートライトシステム、アドバンストキーレスエントリー(指のプッシュでロック解除)などが装着されるので、妻にとっては結果OKです。

  

運転席(コックピット)は、168センチのメタボな私でも、148センチの小柄な妻でもなぜか運転しやすいです。シート設計は女性の視点からも考えられて開発したそうです。自然な姿勢でのオルガン式アクセルペダルやスピードメーターの配置などがコックピットの包まれ感を演出します。

メーターフード前方の透明な板(アクティブ・ドライブ・ディスプレイ)の表示が、私の青春映画「トップガン」のF14コックピットを彷彿とさせてくれます。
アラフォー世代の男性には、この運転席はたまりませんね。(個人的見解です。)


      デミオ ディーゼルのメーターの上に透明ディスプレイが立ち上がります。
    デミオ ディーゼル メーター    デミオ ディーゼル 運転席

マツコネのセンターディスプレイも見やすいです。口コミどおりに直感で操作できます。

助手席や後部座席もファブリックシートのレッドのステッチがアクセントなり高級感を演出してくれます。
広くはありませんが、狭さを感じさせない開放感を演出しています。上質なデミオの内装をフィットやアクアと比べて頂きたいところです。

マツダは革命が起こっているかのようです。最近マツダ車、増えましたね。
だから、マツダは値引きがシブくなったのかなぁ・・・。
 

   

・走り

ディーゼルエンジンとスカイアクティブテクノロジー(シャーシ、ボディ、ATミッション)の融合で、今までのコンパクトカーにはない走りを実現しています。デミオ搭載1.5Lディーゼルエ ンジンはガソリンエンジン2.5L以上のトルクとのことですから、そのパワーの凄さは素晴らしいですね。
躍動感あふれる走りを可能にします。妻の実家近くの長い上り坂も余裕で駆け上がります。

類い希なる走りを高次元で実現してくれます。

 

ブレーキのフィーリングも秀逸です。しなやかなハンドリングとシャーシとともに、1ランク上の上質な乗り心地を実現します。

「走る・止まる・曲がる」の車の基本がしっかりしているのが今のマツダ車です。
新型デミオに乗ると運転が上手くなった気がしてしまいます。

なんか、気持ちいいです。
意のままに運転することができ、コンパクトなサイズにより扱いやすい車に仕上がっています。運転が苦手なのにレガシィB4乗りのスバリストだった妻まで、デミオ ディーゼルは魅了してしまいした。運転が不得意な人こそ、デミオのような「いい車」がおすすめですね。

 

もちろん、ドライブを楽しみたい人・ドライブの達人には、ディーゼルの躍動を感じながら、疲れ知らずの長距離ドライブを可能にしてくれます。

4WD性能も最高クラスのアテンザや人気のマツダSUV「CX-5」と同じ4WDシステム(AWD)をデミオは搭載しています。マツダはコンパクトカーのデミオにまで高性能4WDを搭載しています。

コンパクトカーや軽自動車で信頼できる4WDを希望の方はデミオしかないですね。
 

    デミオ ディーゼル ブルー 
  ストレスなく、思いどおりに走ってくれます。
  妻もパワーがあって運転しやすいとのことです。(納車後の感想)

 

  

・燃費

ディーゼルデミオは軽油で走ります。(レギュラーガソリンよりリッター20円くらい安い)

カタログ値(2WD:26.4km/L、4WD:22.8km/L)

低燃費といえばハイブリッドカーですが、軽油で上記ぐらい走ることができれば十分に低燃費です。
 
  
      デミオ 軽油 給油口

   写真:デミオ ディーゼル 給油口 「DIESEL」とキャップに記載あります。

  ※軽油ではなく、ガソリンを間違えて入れないようにしましょう!

万が一、間違えてガソリンを入れてしまったら、エンジンをかけずにレッカー移動とのことです。
修理代1万5千円ぐらい。
エンジンを少しでもかけてしまうと、15万くらいの修理費とのことです。(ディーラーさんより)

ディーゼルエンジンの「心地よいパワー」は、ハイブリッドカーや軽自動車では味わうことができません。

コンパクトカーで走る歓びを味わうことができるのはデミオ ディーゼルです。

  

・静粛性

車の外に出ると、ディーゼルエンジン特有のエンジン音がわかりますが、デミオの車内にいるとほとんど気になりません。遮音性がかなり良いようです。
停車時にディーゼルエンジン音がわかりますが、i-stopが作動しエンジンが停止するため車内はとても静かです。
マツダは、ディーゼルエンジン車での静粛性を高いレベルで実現していると思います。
  

    結局、たくさんの長所でデミオ ディーゼルが一番気に入りました。



 マツダ デミオ 短所 【MAZDA DEMIO XD Touring】 

 

・マツコネ

ナビ性能がイマイチらしい。口コミでの評価ですので私自身はまだわかりません。
(マツコネのナビSDは、必要な時期がきたら購入予定です。)

カスタマイズして社外品のカロッツエリアのナビを装着したかったのですが、オプションの選択肢がなく残念です。MPVに社外品で装着したカロッツエリアのナビは、オーディオ性能、ナビ性能ともに秀逸です。
ちなみにデミオのマツコネVerは、海外製ではなくパイオニア子会社製とのことです。
ナビ性能に期待したいですね。

 
 
     デミオ マツコネ 操作     マツコネ 操作2

   写真の左側のアームレストを起点に手を置くので、手元を見ずに操作することができます。
   操作性はかなり良好です。(納車後の感想)

 


 
・走行中にテレビやDVDが見られない。

普通、自己責任で走行中もTV・DVDを見られるようにすることができますよね。
マツダという会社は、家族(子供)のことをあまりわかっていませんね。

本当の安全がどういうことかを考えてほしいです。

後席で子供に「ぐずられ、大泣き」されながら運転することが、どれだけ危険かわかっているので
しょうか?


走行中にテレビやDVDが見られれば、この危険を回避することができます。

マツダは会社としてのメンツを守るではなく、マツダ車に乗る購入者とその家族の安全を陰ながらでも良いので守ってほしいものです。これがマツダ以外の会社の車も検討した理由です。
 

  1. 走行中にテレビやDVDを見る対策として、「社外品TVキット」か「スマホ・タブレットを装着できるスタンドを購入しスマホ・タブレットで視聴」、「モニター付きDVDプレーヤー」などの方法を検討中です。
    社外品のナビを装着することも方法の一つですが、マツダのオプションにその選択肢はありません。
    社外品TVキットや、テストモードへのプログラム変更で走行中にTVが見られるようになるようですが、当たり前ですがディーラーでは不具合が出る可能性があるとのことでおすすめしていないとのことです。
    要望はかなりあるようですが・・・。

  2. ドライバーは、走行中にテレビ・DVDは見ては行けませんが、同乗者には見せてあげたいですよね。
    子供達はMPVの後部座席で、いつもDVDを見ています。
    デミオのマツコネには、他のモニターに映像を出力する端子がないそうです。

    1.  

     

    〈2016年追記:がんばって自分で試して解決しました。〉
  3. ネットからマツコネのTV・DVD視聴制限解除方法を収集し、
    マツコネとノートPCを接続しコマンド入力することでTV・DVDを
    見ることができるようになりました。(試してみただけです。)

    【 私がチャレンジして成功したマツコネver56のTV・DVD視聴制限解除方法の詳細についてはこちら


    1.  

     
    【 テレビ・DVD視聴 関連商品 : amazonリンク 】
      
                    

     TVキット     スマホホルダー  スマホホルダー  DVDプレーヤー    amazon ASUSタブレット

      
     
     

     


 

  1. ・車内空間が少しせまい
  2. 新型デミオはベリーサに比べて車内空間(後部座席)が少し狭いですね。
    CX-3はデミオとほぼ変わらない車内空間(後部座席)です。

    つまり、CX-3はベリーサ以下の車内空間です。

    なぜ開発スタッフは、ベリーサ感覚ではなくアクセラ感覚で開発してしまったのでしょうか?

    私達にとってCX-3は、車内空間がデミオと変わらないのに価格がかなり高いため、すぐに購入対象からはずれました。インプレッサはもとより、アクアやフィットのほうが広く感じました。
    しかしながら、新型デミオは先代デミオよりは広くなっていて、許容できる範囲だったので新型デミオを
    購入しました。


       デミオ ディーゼル XD 内装1      デミオ ディーゼル 内装2 後部座席

   デミオの後部座席も必要十分です。         足元も意外と十分です。

  

  1. ・値引きがシブイ

スカイアクティブ搭載前のマツダとは別人のように、値引きが厳しくなりました。
(MPV購入時に50万以上値引きしてもらえた時代が懐かしいです。)

デミオなら車体価格から5万前後の値引きと、ディーラーでの装着オプション分をどれだけサービスしてもらえるくらいですかね。
下取り価格も重要になりますのでガリバーなどの中古車買い取り店で査定し適正な下取り価格を把握すると、スムーズに交渉ができると思います。

  

 
・メンテナンス(ディーゼルエンジン)

  1.   ・2万キロに一回、エンジンの水抜き処理が必要(ディーラーで費用4000円/回)

  ・ディーゼルエンジンの「すす」を落とすために、たまに30分以上の走行が必要らしい。

  

  

短所をいくつかあげましたが、デミオ ディーゼルの長所・魅力に比べれば些細なことですので、結局デミオ ディーゼルの購入に至りました。

この存在感と走りは、デミオ ディーゼルでのみ味わうことができます。

 

 購入グッズ  マツダ デミオ ディーゼル DJ系 トランクマット  楽天カーマット ショップ

我が青デミオディーゼル4WDに購入したトランクマット(楽天:HOT FIELD)の紹介です。

純正マットより低価格でデザイン豊富です。 新型デミオ(DJ系)にピッタリサイズでした。
購入済みですので皆様にもおすすめできます。デミオ ディーゼルにはレッドカラーがおすすめです。


 購入した商品:トランクマット

★★

  〈楽天ショップ:HOT FIELD〉

  デミオを自分好みの内装にカスタマイズしましょう。さあ、楽しいデミオ生活の始まりです

 楽天ショップ「HOT FIELD」のデミオ用トランクマットの私の詳細レビューはこちらです。

    
 

 総評  マツダ デミオ ディーゼル (XD touring 4WD)   唯一無二のコンパクトカー

  

妻が購入に至った新型デミオはスカイアクティブテクノロジーに加えディーゼルエンジン搭載です。
しかも内装は上質です。ハイブリッドカーが実現する低燃費とは別次元で低燃費を実現しています。
デミオは走りでもドライバーを魅了してくれます。
運転が苦手な妻にとっては、運転しやすさを最高レベルで実現してくれます。
妻や子供たち、家族みんなが笑顔になれるそんな車です。
コンパクトカーでデミオは、唯一無二の存在になりそうですね。
もしかして、「コンパクトカー(Bセグメント)No1:デミオ」の称号もあるかも。
口コミなどでの評判も高いですね。
  
かなりの長文になってしまいましたが、私なりの感想でデミオをレビュー・評価しました。最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

   

納車後、実際に運転していて、デミオを選んだ自分は間違っていなかったと確信しました。(納車後1ヶ月後の追記です。)

 

マツダ 新型デミオ ディーゼルは、コンパクトカー(Bセグメントクラス)の
中で本当におすすめできる車です。

   デミオ ディーゼル XD Touring
        デミオ XD 内装 フロント

     ランプもいい目つきです。       デミオの内装は高級感さえ感じられます。
     (冬タイヤに交換しています。)


おすすめ     デミオ ディーゼルに装着した軽量ホイールとスタッドレスタイヤ                            


ホイール「BRIDGESTONE  ECO FORME SE-15」  
スタッドレスタイヤ「BRIDGESTONE BLIZZAK VRX 」


デミオ ディーゼルに装着 

「冬タイヤ ブリザックVRX」と「ホイール ブリヂストンECO FORME SE-15」
の私の購入詳細レビューはこちらから

デミオ タイヤとホイール




【おすすめ楽天リンク:ブリヂストンが認めたプロショップ:タイヤマート24!楽天市場店】

購入はこちらから(楽天リンク)

タイヤマート24! 楽天市場店

 

Amazon情報 カー用品          DEMIO       デミオ 4WD

 
   

                    

 

 

 

amazon
  

 パパのamazon探検記の他のページへ     DEMIO  ディーゼル レビュー


 ペットボトルパパの探検記その31へ          
   SONY 4Kハンディカムビデオカメラ AX30 評価レビュー   


 ペットボトルパパの探検記その33へ 
    
スタッドレスタイヤ ブリザック VRX レビューと評価


 トップページへ
       
   
ペットボトルパパのamazon探検記 トップページへ

  


 

プロフィール デミオ ディーゼル

家族構成は、パパ(ペットボトルパパ)、ママ、あーちゃん(女の子6歳)、みーちゃん(女の子4歳)、ばあばの5人家族です。

 

コンパクトカー マツダ デミオ(XD Touring 4WD 6AT)を購入しましたので、レビューしました。
総評としては、ディーゼルの直感的な走りにより意図するままに車を運転することができ、扱いやすい車になっています。

軽自動車やハイブリッドカーより運転しやすいと思います。
これからの運転ライフが楽しみです。
 
マツダ デミオ ディーゼルは本当に気持ちがいいコンパクトカーとしておすすめですね。 なんか、ストレス解消にも効果ありです。


〈キーワード〉
 MAZDA、DEMIO、XD touring、4WD、レビュー、感想、評価、購入、
 価格、試乗、デミオ ディーゼル、値引き、納車、DJ、AWD、デミオ

  
  

Amazon





Yahoo


 

 

〈楽天トラベル〉






 

inserted by FC2 system